シグワン,/Maranhao2131.html,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , デンタルケア用品 , 歯ブラシ,301円,jp-ic.jp,シグワン,超小型犬用歯ブラシ 301円 シグワン シグワン 超小型犬用歯ブラシ ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 デンタルケア用品 歯ブラシ シグワン,/Maranhao2131.html,ペット・ペットグッズ , ペット用お手入れ用品 , デンタルケア用品 , 歯ブラシ,301円,jp-ic.jp,シグワン,超小型犬用歯ブラシ 301円 シグワン シグワン 超小型犬用歯ブラシ ペット・ペットグッズ ペット用お手入れ用品 デンタルケア用品 歯ブラシ ハイクオリティ シグワン 超小型犬用歯ブラシ ハイクオリティ シグワン 超小型犬用歯ブラシ

お買得 ハイクオリティ シグワン 超小型犬用歯ブラシ

シグワン シグワン 超小型犬用歯ブラシ

301円

シグワン シグワン 超小型犬用歯ブラシ





シグワン

≫小型犬用歯ブラシ
≫超小型犬用歯ブラシ
≫子犬用歯ブラシ
≫猫用歯ブラシ
≫ゼオライトハミガキ(歯磨き粉)
≫ハミガキサプリ
商品名
シグワン 超小型犬用歯ブラシ
仕様
ブラシ数:約20,000本
ブラシ直径:11.7mm
カラー:ピンク
詳細

特許製法である、毛と毛の間にワッシャーを入れる360°型は、衛生的なだけでなく、適度な隙間が多くの汚れをかき出します。

【360°設計で磨きやすい】
360°型なので、どこからでも磨け、従来歯ブラシのように毛の裏側のプラスチック部分が、歯や歯ぐきにカチカチ当たることがなくて安心。
【嫌がらない】
業界最細0.05mm(デュポン社製)超極細毛を全周に採用。柔らかい超極細毛曲線ブラシが愛犬・愛猫の歯ぐきも優しくマッサージし、嫌がらず歯みがきできます。
【簡単・キレイ】
ガーゼやシートで磨くよりも効果的。約2~3万本(従来歯ブラシの30倍)のブラシで歯と歯の間や、届きにくい奥歯の汚れもしっかり除去します。

ご使用方法

●STEP1
口の周辺を触らせることに慣れさせ、口をつかみ数秒維持できるようにしましょう。( マズルコントロール)※いきなりブラシを口に入れると不安になります。
●STEP2
少しずつ歯にあて、横磨きでブラッシングします。基本は横磨き。回転はしません。ここで嫌がる犬には、無理にせず、日にちをかけて、感覚を覚えさせましょう。
●STEP3
慣れてくると、犬歯・奥歯、前歯と嫌がらないところから、徐々に歯ブラシを移動させてブラッシングを行ってください。

使用上の注意

●本品はおもちゃではありません。
●噛ませたり、咥えさせたまま遊ばせないでください。
●必ず飼い主様が正しいブラッシングを行ってください。
●使用中は、歯ブラシを噛ませたり、引っ張る等させないでください。
本品を誤った使用方法で使用した場合、ブラシやリングが抜けるなど、商品に変形や破損が発生する恐れがあります。また、部品を誤飲することにより大切な愛犬、愛猫が死亡または重症を負う可能性がございます。
誤った使用方法で生じた、商品の破損や事故については、一切の責任を負いかねます。


シグワン シグワン 超小型犬用歯ブラシ

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.


地球生命圏科学講座の目指すもの

太陽系において生命を生み育ててきたユニークな惑星地球では,その表層や地下に広がる岩石圏・水圏・気圏の間での様々な相互作用によって,生命活動が営まれる“地球生命圏”と呼ぶべき環境が形成され,生命の誕生・進化と多様性が獲得されてきました.地球生命圏科学大講座ではこの地球生命圏を研究フィールドとし,野外における観察,採取試料の分析,室内実験などの一次データを基礎として,長い時間軸を通じて地球生命圏に記録された情報を解読し,そこに特徴的な物質の形成条件,環境の変動メカニズム,生命の誕生と進化の要因に関する科学と教育を推進することを目的としています.さらに,これらの研究を通して地球環境と生命の共進化メカニズムを解明するとともに,21世紀における人類社会と地球環境のあるべき関わり方についてメッセージを提示することを目指しています.